本文へスキップ
写真提供 ANIMALHOUSE 柏崎佑介 高須力
小池田猛のウェブサイトへようこそ。
ここから活動を報告していきたいと思います。

opiR13 Parts Unlimited Loretta Lynn's
news

結果 XC1クラス 5位

11月3日 テネシー州 Loretta Lynn's
今年最後となるレース、ロレタリンのコースは晴天の中で行われ気温も30℃近く上がりました。
オートキャンプ場で川や山々、そしてモトクロスコースとしても有名な場所でフープスやジャンプなどもありました。
難所は特に無かったのですが、山でのウッズの中はハイスピードで、しかも落ち葉が多くワダチや岩、根っこ、倒木など見えず、ライダーを苦しめました。一周10マイル(16キロ)23分ぐらいで回ってました。

スタート上手く決まり2番手で出て行きました。混戦の中アシュバーンに抜かれ3位になりましたが、後ろにくっ付いて行きました。
その後すぐにモトクロスコースに入りました。モトクロスは自分の得意分野でもあるので、気持ち的に余裕を持って走れました。
ですが、そのモトクロスコースでネイソンケニーに強引に抜かれ4番手に落ちました。しかし、すぐさま山の逆バンクが続く所でなんとか抜き返し3位に浮上、前を追いかけました。今回は非常に調子良く、前のポールウエブリー、アッシュバーンについて行く事が出来ました。2周目に入りラッセルに真後ろにつかれ、抜かれましたが、埃で視界が悪い所でラッセルが転倒して後退して行きました。

前とは団子状態で走って行きました。1時間少し過ぎたあたりでトップ1、2のYAMAHA勢が給油でピットインし、ついに自分がトップに立ちました。5分か10分くらいは走ったと思います。その後ポールウエブリーに追いつかれ先に行かせました。
自分一人で走っているとまだペース配分が分からなく攻め過ぎてタイムが落ちたり、体力が必要以上に消耗してしまうので、ついて行く事にしました。多少ミスもあったものの、その周は2位のまま給油のピットイン、コースに戻った時は一人抜かれましたが、前を行くアッシュバーンのすぐ後ろにつく事が出来、あとを追いかけました。埃も多く気温も高く後半は体力的にきつくなってきました。
ラスト1時間ぐらいから、体が動かなくなり、それでもアクセルを開け続けました。ギャップに跳ねられ、体の対応が遅れるので、手や腕、足にも限界が来てツリ始めペースダウンを余儀なくされました。ラッセルに抜かれ4位に、ラスト2周のボードが出されました。
必死に走ろうとしましたが、体が思うように動かず、デュバルにも抜かれ5位に後退しました。最後はフラフラになりながらもなんとか5位でゴールとなりました。

前回のレース後、腰痛もありバイクに乗る事をやめて、ローカルレースも欠場し、軽めのトレーニングと整備に時間を使いました。
シーズン後半になると、プライベート参戦では自分で全部やらなくてはならないので、体の疲労やバイクのメンテナンスが必要で今回のインターバルは良いリフレッシュとなり結果に繋がったと思います。
表彰台に上がる事はできませんでしたが、今自分でできる精一杯の結果が出せたと思います。

今回のレースの様子がアップされました。(#113 小池田猛)
http://www.gnccracing.com/videos/98_2012-loretta-lynn-gncc-bikes
ジェイソン・ホッパーによるレースレポート
http://www.digitaloffroad.com/2012/11/04/fly-racing-loretta-lynn-gncc-post-show/

小池田猛